モネ展それからの100年(横浜)に行ってみた感想と混雑状況をご紹介!

スポンサードリンク







横浜美術館で開催されている、モネ「それからの100年」展

2018年7月14日~9月24日までの開催で、あと少しとなりました。

私は美術にはそこまで知識もないですし、

残念ながら芸術に対してそこまで感性も研ぎ澄まされてません。

ですが今回は印象派を代表する画家:クロード・モネの作品をみて

率直に感じたことをまとめてみました。

スポンサードリンク モネ「それからの100年」展、感想

今回の展示会について

モネが代表作と言える睡蓮の大装飾画の制作に着手してから100年。

今回の展示会はそんなモネの作品25

モネに影響を受けた後世の画家26名の作品66を集めたものだそうです。

正直私はモネさん以外の作品は抽象的すぎてわかりませんでした( ; ; )

まだまだ感性が足りないようです。

モネの作品25点を集めたってすごいなあと思いましたが、

彼は生涯の間に2,500点以上もの絵を描いたようです。

今回のモネの展示品の多くは日本各地の美術館から集めたもの。

若い頃から晩年の作品まで。

年代によって全然画風が違うのに驚きました。

こちらは美術館隣、マークイズみなとみらいにあった広告

絵の全体的な変化と色の使い方

モネさんの若い頃の作品は風景画であっても抽象的な印象を受けません。

それはまだ「印象派」と批判される以前の作品で、

そういう表現に辿り着いていないからなのかもしれません。

色の濃淡や筆による表現はたくさん使っていますが

空の青を表現するのに実際目にする色に近い色を使っています。

ただただ美しく、風景が表現されているように思えました。

そこから時代が少し進むと、

「印象派」という言葉がしっくりくる作品表現へと変わっていきます。

また、晩年の作品になってくると色の使い方にも変化が見られます。

影を表現するのに紫を使ったり、煙にピンクを使ったり。

モネの形なきものへの眼差し。

これを表現するのにどのくらい時間を費やしたんでしょうね。

モネの絵とモネの生涯

モネさんの人生、荒波の繰り返しです。

画家として最初は「売れない」というのはよく聞く話だと思います。

ですが、それだけではありません。

モネ38歳の頃、奥さんが2人の子供を残して亡くなります。

悲しみのあまり、モネは絵を描けなくなってしまいます。

奥さんをとても愛していたんでしょうね。

その悲しみを乗り越えた後に書いた1枚が展示されているのですが、(↓下記参照)

どこか切なく美しく後から思い出しても胸がいっぱいになります。

unnamed-file-6.jpg

引用:https://monet2018yokohama.jp/exhibition/

モネはこの後再婚するのですが、2人目の奥さんと長男も先に亡くしています。

不幸はまだ続きました。

画家の生命線にかかわる目の病気にかかり、モネ自身の視力も悪化します。

落ち込んでいるモネを友人が励まし、

最後に睡蓮などの大作を完成させこの世を去ったようです。

1926年、享年86歳。モネさん、長生きですね。

美術館の外に設置されていた、睡蓮。

混雑状況と所要時間

私が行った三連休の中日は混雑していました。

美術館に着いたのは、オープンしてから45分経った1045

当日券、購入までにすでに1時間待ち。。。

でも、チケットはその場でネットでも購入できました!(ここで5分くらい)

チケットを手に入れ、入場まで並ぶこと約30分。

*展示会内が混雑しないよう、その日は入場規制をされていました。

ついに・・・!

1120分、 入場!

エスカレーターを上がって2階の展示会フロアに。

入場規制をしていたとはいえ、

入ってすぐの場所には人、人、人!!

私はモネさん以外の作品はあまり見ず、

(最初は見てたのですが、今の私には理解ができなかったです( ; ; ))

代わりにモネさんの作品はじっくりと見て進みました。

1235分、 終了。

最後、お土産を買った時間も10分くらい入ってますので、

実際にかかった所要時間は1時間くらいですね。

私はポストカード2枚を買いました(^^)

今回展示されている2作品。

ポストカードは1枚120円でした。

これで祖母に手紙を書こうと思います。

手紙を書きたくなるモネさんのポストカード、素敵です。

終わったところから1階の入場待ちの列を見たのですが、

やはりまだ並んでいました〜

画面左手にもう少し列は続きます。

皆さん、これが30分待ちの列ですよ。

当日券を買う列はと言うと、

美術館の外にも長蛇の列、中でもちょっと待っているようでした。

この時もスタッフさんがチケット購入まで1時間待ちですと叫んでおりました。

まとめ

私はモネの作品を見て、ヨーロッパに行きたくなりました。

晩年、霧のかかったヨーロッパを描いているのですが、

実際はどうなんだろう・・・

自分の目で見てみたい。

また、ヨーロッパの自然を感じながら、時間を忘れてモネのように油絵を描いてみたい。

お伝えしたとおり美術については詳しくないのですが、

今尚こうやって後世の画家や人に影響を与えられる存在であり続けるクロード・モネ。

モネの「それから」はまだまだ続いているのですね。

開催概要

モネ それからの100

開催期間:2018714日~924

開催時間:10001800

921()22()は夜間開館で2030までのようです。

入館は閉館の30分前まで。

休館日:木曜日

開催場所:横浜美術館

220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

観覧料:大人1,600円、大学生・高校生1,200円、中学生600

小学生以下は無料

HPhttps://monet2018yokohama.jp/

モネの池(岐阜)2018年の見頃はいつ?アクセスと駐車場情報もチェック

2018.09.17

スポンサードリンク