DILIGENCE PARLOURフラワークリアバッグの値段は?配送についても調査!

スポンサードリンク







表参道にあるお洒落な花屋、

DILIGENCE PARLOUR(ディリジェンスパーラー)

モデルさんとかがよく買っていて、

かわいい&おしゃれですよね~。

インスタでもよく見かけます。

クリアバッグに入ったお花がかわいいのですが、

お値段はいくらくらいなのでしょうか(><)

また、買いに行けない人のために、

配送についても調査しました!

スポンサードリンク

値段

もちろんお花の量や種類によってお値段は変わりますが、

写真と一緒に目安のお値段を見ていきましょう。

3,000円前後

 

View this post on Instagram

 

DILIGENCE PARLOURさん(@diligenceparlour)がシェアした投稿

プレゼントにぴったりのサイズ。

お値段は公式インスタでのお店の回答を基にしています。

普通の都内の駅とかにあるお店より

ボリュームがありますね。

この写真のお花は蕾だったり小さいお花も多かったりしますが、

普通のお花屋さんよりお花の数が多いように感じます。

1,500円前後

 

View this post on Instagram

 

DILIGENCE PARLOURさん(@diligenceparlour)がシェアした投稿

自分へのご褒美日常に取り入れたいサイズですね。

この花束がお部屋にあるだけで、

日常が明るくなりそう。

持ち帰るときもルンルンですよね♪

350円前後

 

View this post on Instagram

 

DILIGENCE PARLOURさん(@diligenceparlour)がシェアした投稿

毎週お花を楽しみたい人

ちょっと癒されたい人はあえて1輪がいいですね。

1輪は1輪でそのお花をじっくり楽しむことができますよね^^

たくさんのお花の中から気分とインスピレーションで1輪選ぶのも楽しそう。

 

私もお花が大好きなのですが、

やっぱり一番はお値段が気になりました。

このお店の印象としては、

表参道 × お洒落 × お花のセンスがいい。

さぞ高いのだろうと思ったら、

青山フラワーマーケットとかとそんなに大差ないですね。

1輪でも写真映えしますが、

やっぱりブーケも綺麗。

公式インスタを見ていても、

センス色合いがピカイチです。

お花を頼むときってお値段&センスのいいところにお願いしたいですよね。

近くにあったら毎日でも通っちゃいそう。

配送

そしてもう1つ気になるのが、

配送について。

私は家族の誕生日に花を贈るのが恒例なのですが、

地元でかわいい花屋を見つけるのは結構苦労します。。。

久々に地元に帰って、時間もない中何店舗も探し回りました。

そんな時、信頼できるお花屋さんの配送サービスがあると便利ですよね。

 

こちらのお店ももちろん配送を行っています。

注文は店頭以外にも電話メールで行っているよう。

配送の場合は5,400円以上の花代1,080円の送料とのこと。

TEL: 03-6434-7826

MAIL:order@diligenceparlour.jp

オーダーを御希望の方は、
1・御名前/電話番号
2・受取/配達希望日(配達の場合は届け先情報)
3・御予算(配送料は一律1080円頂戴しております。)
4・ブーケ/アレンジ/その他の御相談
5・イメージ(色合いや、サイズなど)を御連絡ください。
メッセージカードなどの御要望にもお応え致します。
どうぞ気軽に御利用ください。

引用:http://diligenceparlour.jp/

ちょっとお値段ははりますが、

5,400円ってすごいボリュームでしょうね。

絶対に喜んでくれそう。

私は祖母の誕生日や母の日にこちらにお願いしようと思います。

店舗情報

 

View this post on Instagram

 

Our Tokyo Storiesさん(@whatsuptokyo)がシェアした投稿

DILIGENCE PARLOUR OMOTESANDO

住所:東京都渋谷区神宮前 4-12-10 表参道ヒルズB1F

営業時間:月~土 11:00~21:00、日 11:00~20:00

❋祝日の日曜日、連休最終日は月~土の営業時間同様。

定休日:表参道ヒルズに準ずる

電話番号:03-6434-7826

メールアドレス:order@diligenceparlour.jp

公式サイト:http://diligenceparlour.jp/

まとめ

私は職業柄、花束を渡すことが多いのですが、

いつか誰かに花束を貰う存在になりたいですね。

こんな素敵な花束を貰える女性にはまだほど遠いですが、

そんなことを考えながら日々頑張ろうと思います。笑

スポンサードリンク