梟書茶房の混雑状況は?wifiの有無や勉強・会話はOKなのかも調査!

スポンサードリンク







ドトールコーヒーと神楽坂の有名書店「かもめブックス」さんのコラボで誕生した、

梟書茶房(池袋)

素敵な雰囲気でず~っと行ってみたいブックカフェの1つです。

ネットや雑誌でいつも取り上げられており、

土日は混雑間違いなし・・・。

池袋は電車で近いのですが、

混雑という恐怖から、

なかなか行けてないお店の1つでした。

そんな恐怖を打ち消すために?!、

どのくらい混雑しているのか調査しました!

また、後半ではブックカフェとしてどのくらい快適なのか、

wifiなどのモバイル環境や勉強・会話はOKなのかについてもご紹介します。

スポンサードリンク

混雑状況

 

View this post on Instagram

 

marina nakano.さん(@nana.nom)がシェアした投稿

ツイッターや行った人のブログなど探しまくりましたが、

実際の待ち時間や混雑状況が少ない(><)

こんな時は、店舗に電話あるのみです。

最初はテンプレ回答(日によるので・・・)って言われますが、

掘り下げると教えてくれますよ^^

私が電話したのは2018年11月23日

最近の混雑状況を伺いました。

やっぱり土日よりは平日が空いているよう。

特に平日であれば、お昼前

平日行けるのであれば、

朝からゆったり読書なんていかがでしょうか?

さて、お次は問題の土日

多くの人で混雑します。

特にお昼前後は混雑します。BY店員さん

天気にもよりますが、

日曜日のほうが土曜日より空いているとのこと。

土曜日はやっぱり夜まで混雑するみたい。

最近だとだいたい30分~1時間待ち前後とのこと。

あくまで目安ですが・・・。

混雑の1つの原因は利用時間に制限がないことかと思います。

利用者にとっては嬉しいことですが、

同時に待ち時間も予想しにくいですね・・・。

2018年11月24日(土)追記

記事を書いて1日、

行きたくなったので行ってきました。

15時ぐらいに訪れましたが、

20分くらいで呼ばれました。

待っている人が多いので、

別のフロアを見ていたら、呼ばれてましたw

意外と回転がいいのかもしれません・・・。

wifiや電源はある?

ドトール系のお店なのでどちらともあるのかな~と期待しましたが、

残念ながらwifiや電源はないようです。

PC作業をしている人もいるみたいですが、

あくまで本を楽しんでもらうための空間みたいですね。

勉強や会話はOK?

勉強も会話もOKみたいです。

会話OKだと集中して勉強したい人は不安になりますよね?

でも、こちらのカフェは利用シーン別に4種類の座席が用意されているんです。

引用:https://www.doutor.co.jp/fukuro/

①まず読書に集中したい人におすすめなのは、

図書エリア

 

View this post on Instagram

 

rinaさん(@rina_0v0_)がシェアした投稿

図書館みたいな空間にある窓際の席。

②勉強したい人におすすめのアカデミックエリア

 

View this post on Instagram

 

ことりっぷさん(@cotrip_official)がシェアした投稿

学校の図書館みたいで、少し懐かしい。

勉強に集中できそうですよね。

③そしておしゃべりと食事を楽しみたい人向けのエリア、

ラウンジ

 

View this post on Instagram

 

ten_tenten10さん(@ten_tenten10)がシェアした投稿

ゆったりしたソファ席、

天井にはシャンデリア。

④もうひとつのおしゃべりを楽しめるエリア、

森の部屋

 

View this post on Instagram

 

@221.jpがシェアした投稿

木を基調とした席で、

親しみやすい空間。

こちらの隣には晴れた日に利用できるテラス席もあります。

冬はちょっと寒そうですが、

テラスのみ喫煙可能みたいですよ。

どこの座席も雰囲気が全然違って魅力がありますね。

できることなら全制覇したいです・・・♡

利用方法

結構個性的なブックカフェなので、

最初は利用方法に迷うと思います。

私もまだ行ったことがなくて少し不安だったので、

ここでは簡単にまとめたことを紹介したいと思います。

まず店内には

・自由に読んでいい本1,000冊

・購入用の袋とじの本2,000冊

があります。

購入できる2,000冊の本はすべてがシークレットブック

 

View this post on Instagram

 

本と珈琲 梟書茶房さん(@fukuroshosabo)がシェアした投稿

表紙には紹介文のみがかかれており、

それをヒントに本するシステム。

購入して開けてみるまで、本のタイトルはわかりません。

そしてお会計も変わっています。

伝票の代わりにをカウンターに持っていくスタイル。

 

View this post on Instagram

 

本と珈琲 梟書茶房さん(@fukuroshosabo)がシェアした投稿

私は知らなかったのですが、

本は持ち込んでもOKとのこと。

それにしても利用シーンに合わせて選べる席といい、

なんたる素敵空間なのでしょう・・・。

本好きの方にはたまらにですよね。

居心地良さそうで早く行きたくなってきました!

最近読書ができていなかったので、

慌しくなる年末こそ読書をしたいなあと思います。

「かがみの孤城」は2018年の本屋大賞。

全国の書店員がおすすめする本。

久々の読書はこうゆうのから読みたくなりますよね。

場所・営業時間

場所:東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋 4F

営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)

席数:店内116席 テラス16席

公式サイト:https://www.doutor.co.jp/fukuro/

まとめ

お値段も良心的、カフェメニューも美味しいと評判。

その上居心地がよく、

いろいろなタイプの席があるので

気分や利用シーン、人数によって楽しめますね。

カフェではグリとグラに出てきそうなパンケーキが人気みたいです。

訪れた際は試してみては?

 

誰も知らない世界のことわざ内容&ネタバレは?感想&口コミも!

2018.11.02

カフェオムニバス(馬車道)の混雑状況は?メニューやアクセス方法をご紹介!

2018.09.17

スポンサードリンク