秋の川越まつり2018見どころは?周辺観光スポット&感想もお伝え!

スポンサードリンク







埼玉の大きな祭りの1つ、川越まつり

歴史のある「小江戸」の街:川越の

かなり大規模なお祭りです。

毎年多くの人で賑わっています。

2018年は10月20日(土)、21日(日)に開催されるそう。

行く前に見どころや周辺観光スポットをチェックしておきたいですね~

スポンサードリンク

見どころ

このお祭りの見どころは何と言っても山車なのですが、

昼と夜で全然違う表情を見せてくれます。

行けるのであればどちらも見ていただきたいですが、

特に夜は綺麗でしたよ~

暗い空を照らす明るい光を放つ山車。

これぞ、日本の伝統文化!という感じです。

私は夕方~夜までいました。

夕方の空が段々と青~夕日色のグラデーションに染まっていくのですが、

そこに山車、川越の歴史ある町並み

こんなにレトロな建物が残っている場所でのお祭りはあまりないので、

そこが素敵です。

月もすぐに上ってきますので、

月と山車で写真映えも狙えます。

日本の風景って綺麗だな~としみじみ感じました。

 

また、写真で見てわかるとおり、

山車多いです。

ホームページの一覧で確認すると、全29台

歩いていると次から次に発見できますよ。

川越まつり山車一覧:https://kawagoematsuri.jp/dashi/list.html

山車をちゃんと見たい方にはこちらの公式アプリが便利!

公式アプリ:https://www.kawagoematsuri.jp/navi/index.html

場所や詳細が分かるんですって!

私も行ったときに知っておきたかったです(;;)

観光スポット

山車や出店に皆さん気を取られがちですが、

川越まつりはそれだけではありません。

普段あまり川越へ行くことがない方は

一緒に観光スポットもチェックしておいてほしいです。

歴史ある川越の街。

少し歩くだけで「小江戸」を感じることができ。

出店の通りの至る所に観光スポットがあります。

時の鐘

高さが約16メートルある川越のシンボル。

木造の3層やぐらです。

鐘の音は午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回楽しむことができます。

蔵造りの町並み

写真右手は川越の和菓子の老舗「亀屋」さん。

明治27年に建てられたもので、

市指定の有形文化財です。

このように文化財となるような建物がたくさんありますよ。

菓子屋横丁

 

View this post on Instagram

 

nanamiさん(@_hkdnm)がシェアした投稿

石畳の道に駄菓子屋さんが20軒程度集まっている横丁。

昔懐かしい雰囲気で、

タイムスリップしたような空間となっています。

よく駄菓子屋さんに行っていた子供時代を思い出しますね~

感想

大規模なお祭りということもあり、

人はすごいです。

出店は本当にたくさんあります。

選びたい放題です。

お化け屋敷が有名と聞きました。

私は怖いの苦手なので近寄らなかったです。。。笑

珍しい出店としては、

「青りんご飴」

私が行ったときは駄菓子横丁の近くにあった気がします。

ちょっと不気味だけど、

実際に見ると綺麗。

珍しいもの好きな女子は食べてみては?!

味は普通のリンゴ飴ですよ。

まとめ

関東のお祭りの中でも、

ちょっと違った楽しみ方のできる「川越まつり」

歴史ある町並みをぜひ楽しんでみてくださいね。

 

スポンサードリンク